瓦礫広域処理の問題

島田市に続いて北九州市でも問題になっている標記の件、賛成派とtwitterで議論してたのだが、帰宅後PCに張り付いて色々と調べてたところ、試験焼却の結果報道が目に入った。

今回は一般ゴミ9割に混ぜた飛灰が最大34Bq/kgなので問題ないと結論付けられているが、もし瓦礫のみ焼却した場合どのような結果になったであろうか?

2012/5/30に環境省がれき広域処理お問い合わせ窓口へ電話したところ、ミツハシさん&タカハシさん(ともに♀)によると、環境省としては北九州市が一般ゴミ9割に混ぜたことは把握していないとのこと。焼却後、瓦礫広域処理の基準(8000Bq/kg※1以下)になるためには、ストーカー式の場合だと焼却前240Bq/kgまで(11ページ左上の部分)。濃縮率で最大33.3倍になると教えてくれた。
※1放射性物質汚染対処特措法(2011/8/30法律110号:平成二十三年三月十一日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法)の基準

つまり、焼却瓦礫が放射性廃棄物(100Bq/kg※2以上)にならないためには、100Bq/kg÷33.3≒3Bq/kg以下でなければならない。
※2原子炉等規制法(1957/6/10法律166号:核原料物質・核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律)61条の2第4項に関する規則(2005/11/22経済産業省令112号)2条に関する別表

今回の瓦礫は焼却前8Bq/kgだったので、そのまま焼却されたら8Bq/kg×33.3倍=最大266Bq/kgの放射性廃棄物となる可能性があった訳だ。

神奈川の焼却灰で144~490Bq/kgという報道もあったが、既に関東も汚染されていると考えられる。それをtwで主張した真鶴町議は辞職勧告を受けてしまったが。

【動画】北九州市試験焼却、がれき搬入(空間線量が10倍に)を初めて見た時は驚いたが、誤作動説も指摘されている。

いずれにせよ今回の焼却試験用に持ち込まれた瓦礫は80t=8万kgだから、8Bq/kg×8万=64万Bqが放射性セシウムの総量であることには変わりない。本格的な受け入れが開始されれば、更に増える。いかに一般ゴミに混ぜて薄まっているから安全だと言っても、元の総量が変わる訳ではない。
更に、日明工場では3万2000Bqが、新門司工場では6000Bqが、それぞれ漏れた模様。この合計3万8000Bqが元の64万Bqに占める割合は5.9%だから、バグフィルターで99.9%補足できるとの説明も崩れた訳だ。

健康への影響については、もう少し時間をかけて2010/10/1~2011/10/1の人口(推計値)変化を、特に社会減を除いた自然減に着目して検証してみよう。

他にも閲覧したサイトをメモ的に残しておく。

北九州市、日明焼却場瓦礫焼却問題とその余波

放射能のことだけが問題視されるけれど、それ以外の有害な化学物質によって汚染されることは間違いない。

宮城県内で毎日24時間燃やされ続けてるのも受け入れがたい

東日本大震災時の津波による微粒因子で、肺炎の患者が増加

津波で工場から住宅街へ これが化学物質汚染の実態だ!!

【瓦礫焼却は無理】東北沿岸の凄まじい重金属・化学物質汚染と、清掃工場の排ガス汚染

震災瓦礫が広域処理になった理由と展望-現地産廃コンサルさんに訊く-

がれき受け入れ自治体一覧&マップ(tw情報リアルタイム更新も)

16都県の一般廃棄物焼却施設における焼却灰の放射性セシウム濃度測定結果

混ぜて安全・世論調査は捏造・最終処分場合意なし(ガレキ処理)

「安全なのは当然でしょうね」と言ってるブログにコメントしてみた

災害廃棄物で防波・防潮堤防を!


「真実はどこに?」 ~ WHOとIAEA 放射能汚染をめぐって ~


そうこう言ってるうちにも、福島では異様な「空気」が作られつつあるようだ。
[PR]
# by nakao312 | 2012-06-05 00:45 | Genpatsu&311

国家隠匿プロジェクト (どうなのでしょう?(サイトより))

木下黄太のブログ「福島第一原発を考えます」コメント欄から

ホルムアルデヒド事件、壮大な「国家隠蔽プロジェクト」があった!


表記事件。何となく報道をみて「おわった」と思っている方も多いだろうが、実は、総理官邸、内閣官房、厚生労働省、国土交通省、東京電力が絡む壮大な「隠蔽工作」が行われていた!絶対匿名を条件に、関係者が怒りの告発!スクープだ!
---------------------------------
 
 さて関東大断水、検出されたホルムアルデヒド前駆物質の特定からその流出ルートまで、極めて異例のスピード解決・・・この件の情報流出経緯には、大きな違和感を覚えていろいろ調べていたのですが、DOWAの背景と、先生からの高濃度放射性物質検出の情報でようやく全ての辻褄が合いました。
 
 正直はじめは、「ここまでやるのか!?」と驚きましたが、嘘で固められた原子力政策を考えればこの位はあたりまえ、やはりこの国は依然として戦時下にあるのだという現実を再確認しました。またみんな、盛大な欺瞞工作とスピン報道にまんまとやられましたね。
 
 以下の説(あくまでも仮説とさせてください)は、省庁などでの噂(噂とさせてください)を総合したものです。

 
 一連の騒動の核心はもちろん、利根川水系の放射性物質(今回はおそらくセシウム)による高度汚染と、それに伴う浄水場の取水制限でしょう。そして原発稼働ゼロの微妙なこの時期に、
”いかに放射能にスポットを当てずに済ませるか”
 これが東電、政府、マスコミが目指した最終ゴールです。
  
 唐突ですが、ここでキーワードを一つ。「ターンオーバー(turnover:湖水大循環)」です。
 
 ご存知のとおり、水は4℃の時に体積が最低に、比重が最大となります。湖沼の水温は春から秋の間、表層ほど暖かく、深くなるに従って冷たくなります。ところがその温度変化は直線的ではなく、ある水深を境に急激に温度が低下する“サーモクライン(水温跳層)”と呼ばれる壁のような層を作って、それをはさんだ表層と深層の水の循環交流がなくなります。
 
 また、標高の高い湖では、冬になると温度層が逆転して、深層には4℃の温かい水が、表層にはそれより冷たい軽い水が分布し、明確なサーモクラインは作らないものの、やはり表層と深層の水の交流は無くなります。湖に流れ込んだ枯れ葉など有機物は、湖底で微生物に分解され、そこに低酸素で富栄養な汚い水のエリアを作ります。
 
 しかし、いくら風や流入河川が湖に対流を起こしても、サーモクラインに阻まれて、湖底の汚い水が表層まで運ばれることはありません。同じことは、比較的水に溶けにくく、すぐ泥や有機物と結合して沈澱してしまうセシウムにもあてはまると思います。
 
 ところが、年に2回その安定が崩れます。
 
 湖の表層温度が上昇する早春と、温度が低下する晩秋のわずかの期間、サーモクラインが消え、湖の表層と深層の温度差がなくなくなるのです。その時期に強風などで湖水に強い対流が起こると、湖底の汚い水が一気に撹拌され、ちょうど湖全体がシェイクされた状態になります。
 
 その状態をターンオーバー(湖水大循環)と呼びます。釣りに行ってこれに出くわすと、昨日までの爆釣がウソのように、当たりひとつなくなります。
  
 今回の本当の舞台は関東の水がめ、矢木沢ダム(奥利根湖)です。広大な原生紅葉樹林を水源に持つ人造湖で、釣り人からは“日本のカナダ(!?)”などと呼ばれて親しまれています。しかしその一方、早川マップを見ても判るように、周囲はセシウムホットスポットの山々に囲まれています。秋の紅葉~落葉により、セシウムをたっぷり付着させた落ち葉は、さまざまルートで大量に湖に入り、矢木沢ダム湖の底に蓄積されているはずです。
 
 実際、湖底の泥からセシウム2900bq/kgを検出と発表されてますが、個人的にはそんな生易しいものではないと思ってます。
 
 まず私は、矢木沢ダムの水位、放流量など公式データを2005年まで遡って調べてみました。
 
 基本的に、ダムは水を溜めてナンボ!ダムは通常、冬季や夏場の渇水期、豪雨などのイレギュラーな事態を除いて、年間を通じて貯水率90~95%を目標に水を溜め込み、それを超えると一気に放流して目標値まで水位を戻す…を繰り返しています。
 
 しかし、今年はそのパターンに大きな変化が見られました。この春、雪解けに水の流れ込みは3月下旬から始まりました。それまで40%程だった貯水量も約1ヶ月でほぼ満水となり、4月26日からは下流への放流が開始されます。
 
 ところが通常であれば、水位を下げるため“一気に”放流するところなのですが、今年に限って、放流量を93立方m/分にぴったり固定した定量放流を始めたのです。こんな放流方法は前代未聞です(6年間限定、とのことですが)!!
  
 放流量を変える時も、少しずつ、数時間は間隔を開けてから行っており、きわめて慎重に放流量をコントロールしている様子が伝わります。そう、まるで大量放流を恐れるかのように…。
 
 何とか99%台に維持された貯水率ですが、降雨の影響で5月3日からじわじわと上昇を続け、ついに100%を突破します。これも、極めて異例で危険な事態のはずなのに、相変わらず放流量は93立方m/分に固定されたまま、当然、水位はさらに上昇を続けます。
 
 貯水率が104%を越えた5月5日朝9時、耐えきれずに放流量を増やしますが(200立方m/分に固定…)、まる1日後に貯水率が99%まで下がると、すぐ95立方m/分に戻してしまいました。
 
 5月7日22時、放流を一時中断、以降は水位に関係なく、10-15時間間隔で放流と停止を繰り返すサイクル放流に切り替わりました。この方式も異例です。
 
 さて、ここでホルムアルデヒド関連の時系列を再確認しておきましょう。
 
5月15日:春日部で検出
5月17日:埼玉県から群馬水道局へ連絡
5月18日:埼玉行田浄水場で取水停止、千葉上花輪、北千葉浄水場取水停止
5月19日5時:千葉の取水制限解除、同14時(読売):原因をヘキサメチレンテトラミンに特定、ルートも烏川に絞られると報道。
5月21日18時(NHK):汚染源、源因物質は依然特定できず。
5月22日:埼玉県ヘキサ‥に絞り取扱い工場調査を開始
5月24日:厚労省、正式にヘキサ‥に特定、流出量も推定
5月25日:DOWAハイテックが廃液処理を産廃業者に依頼、それが烏川に流出したことが判明
 
 読売新聞のスクープが光りますが、それはさておき、DOWAと産廃業者は過去に取引関係にはなかったそうです。今年5月になって初契約、5月10日に問題の廃液が引き渡されています。そして、数日以内に処理され、烏川に放流された模様です。慌ただしいですね・・・。
 
 改めて矢木沢ダムに話しを戻します。
 
5月16日9時、サイクル放流から再び定量放流に戻すが、5月17日21時放流を一時停止します。
 
5月18日13時、雨によ流入増加で貯水率が上昇、またまた93立方m/分で定量放流を開始、だんだん下流が騒がしくなってきました。
 
同23時、下流の薗原ダムが放流を開始、わずか17時間で貯水率を94%から23%まで減らします。
 
やや遅れて下久保ダム、渡瀬遊水池も放流開始、ホルムアルデヒド希釈のため利根川水系の流量を倍増させたとアナウンスされました。それに呼応して満水の矢木沢ダムも大放流を開始……しません。
  
矢木沢ダムが放流量を増やし始めるのは5月19日14時、最終的に放流量240立方m/分、貯水率96.2%で5月20日5時、放流は一度止まります。
 
5月21日4時、ついに矢木沢ダムが本気モードで放流を始めました。翌日22時までぶっ通し!、貯水率を76.3%まで落としてようやく静かになりました。
 
 私が昔よく釣りに行った中禅寺湖では、例年5月上旬からターンオーバーが始まり約1ヶ月続きます。より標高の低い矢木沢ダムでは、おそらく4月下旬頃からだと思いますが、なにせ道路の開通=解禁なので、私たちには確認出来ません。ちなみに、今年の奥利根湖(矢木沢ダム)の解禁は5月11日でした。
 
 利根川ダム管理事務所によれば、今年は例年より融雪が遅れ4月中旬以降本格化した、とあります。気象データでも、4月10日頃から最高気温が15℃を越える日が続き、それに比例して矢木沢ダムへの雪代の流入も増えています。雪代は冷たいため、当初は湖の表層に留まりますが、表水温の上昇に伴って徐々に深いところまで流れ込むようになります。 ターンオーバーの始まりです。
 
4月22.23日にまとまった雨が降り、24.25日には晴天で20℃まで気温が上昇、おまけに24-26日までは連日10m以上の強風、間違いなくここですね。汚染された湖底の泥と、やはり汚染された落ち葉で濾過された雪解け水…
 
4月26日には間違いなく、矢木沢ダムの湖水は強烈なセシウムシェイクになっていたはずです!!(さらに5月4-5日の豪雨と、5-6日の台風並みの強風はトドメだったでしょうが、それはさておき…)
 
 矢木沢ダム周辺の汚染は周知の事実ですから、定期的な水質チェックはしていたはず。ダム関係者はともかく、報告を受けた東電や役人連中はさぞ驚いたと思います(湖沼学の基礎知識なぞ持ち合わせていないでしょうからね)。運悪く、同時期に矢木沢ダムは満水となりました。安全のために湖水を放流しなくてはなりません。
 
 苦肉の策が、例の定量放流です。あわよくば下流のダム放流で希釈され、うまくごまかせるかもしれない…。流量を変えたり、間歇的に放流したり、試行錯誤の跡が見られますが、その後のホルムアルデヒド騒ぎからすると、それだけでは難しいと判断されたのだと思います。
 
 ダムは満水、もし集中豪雨でも起きれば緊急放流しなければならないが、そうなったら水質検査をクリアできず“放射性物質”を理由に取水制限しなくてはならなくなる…かも。それだけは絶対困る!
 
・・・しかし、頭のいい奴がおりました。
 
『有毒物質を理由に浄水場を止めてるスキに、他のダムと併せて一気に矢木沢ダムを放流すれば、安全なレベルまで水位を落せないか?!(実際は厳密にタイムラグを計算してですが)』
 
 もしかしたら、このシナリオはあらかじめ用意されていたのかも知れませんが、実際に作戦を発動するには如何せん時間が足りません。本来なら、自分達の足跡を残さない、きれいな仕込みでいきたいでしょうがそれは無理、仕方なく過去に不祥事を起こした身内と手順を使います。
 
 それがヘキサメチレンテトラミンとDOWAハイテック。会長が内閣参与で経団連理事、東電の経営・財務調査委員なんて、分かりやすすぎるでしょう!
 
 原子力ムラの頂点のひとつ、読売新聞のフライング記事も味わい深いです。高崎金属工業に関しては、嵌められたとも思いますが、借金で首が回らなくなっている可能性もアリます。
 
 かくして、“日本の”水質基準を“わずかに”越えるホルムアルデヒド“生成”を理由に、複数の浄水場を閉鎖、まんまと矢木沢ダムの放流が成功しました。
[PR]
# by nakao312 | 2012-05-29 18:17 | Genpatsu&311

Blogger ブログでトラックバックを受信できるようにする

「Japanese Bloggers Info トラックバック受信機能」完成


[PR]
# by nakao312 | 2012-05-11 07:49 | Blog/PC/fbTips

fbに対する不安

昨年の11月頃から使い始めたfacebook。

CIAがFacebookを考案・目的は全世界個人情報収集
なんて記事を読んで不安になりつつも、最近やっと慣れてきた。
[PR]
# by nakao312 | 2012-05-02 09:54 | Blog/PC/fbTips

facebookリンク投稿時URL非表示の方法

検索した結果、仕様が変わっていたようだ。
[PR]
# by nakao312 | 2012-05-02 09:36 | Blog/PC/fbTips

無医地区の田舎根性

こんな記事を読んだ。
田舎の閉鎖性かぁ。
[PR]
# by nakao312 | 2012-05-01 05:50 | Etc.

福井の放射線量

福井県内には「ほうしゃせん見守り隊」なる測定機(3番目のパンフ参照)が配置されている。

小浜市内では60n(=0.06μ)SV/hrだったが、敦賀市内の某所では100n(=0.1μ)を超えていた。事故ってない普段の状態でも、こんな値を示しているのか。。。
b0056085_14342358.jpg
[PR]
# by nakao312 | 2012-04-24 14:13 | Genpatsu&311

椎茸は大変危険

茨城県産の干しシイタケのセシウム
[PR]
# by nakao312 | 2012-04-18 06:28 | Genpatsu&311

ガレキ受け入れが東北復興の為になるって思ってませんか?

福田元昭さんブログに色んな情報が纏められている。
[PR]
# by nakao312 | 2012-04-01 09:00 | Genpatsu&311

放射性物質摂取による平均寿命の推移

ウクライナの平均寿命  2012年6月に政府が改定した

1980年 男 68歳    女 75歳
1990年 男 55歳    女 59歳
2000年 男 49歳    女 45歳  ←改訂前は50代だった

今後の予想
2020年 男 45歳    女 40歳
2030年 男 40歳    女 38歳 ←一応これ以降はこのまま推移するみたい


日本がこのままの暫定基準で食事をとり続けた場合の平均寿命
ウクライナ保健省が出した数値

2012年  男 79   女 86
2017年  男 63   女 72
2022年  男 48   女 55
2027年  男 40   女 43
2032年  男 35   女 31

日口艸石さんブログより


しかし、この情報によると違うみたい。
[PR]
# by nakao312 | 2012-04-01 08:44 | Genpatsu&311

原発を日本で稼動させるだけの心構えが東電にできているとお考えですか?

標記の質問(27分49秒の場面)に対して数秒間の沈黙後「それは答えるのが難しいですね。。」


[PR]
# by nakao312 | 2012-03-24 03:44 | Genpatsu&311

放射性物質の放出量(ベクレル)

520京 ←チェルノブイリ10日間

63京 ←福一原発(2011/4/12)

0.47京 ←2号機取水口付近から海へ放出(2011/4/1-6)
1.5京 ←上記の期間を含む(2011/3/21-4/30)

しかし、まだ終息せず放出中
毎年0.6132京 ←毎時7000万×24時間×365日(2012/1)

さらに、
1466京 ←1号機内の溜まり水(2011/5/30)
[PR]
# by nakao312 | 2012-03-15 13:02 | Genpatsu&311

「原発推進」東電“社員”議員は10都県に20人

歳費以外に人件費年数億円を電気料金から二重取り

~~
 東京電力に社員として籍を置きながら地方議会の議員を兼務する「東電社員議員」が、10都県議会で少なくとも20人いることが筆者の調査でわかった。東電広報部も認めた。このうちの大半に対して、年1千万円前後の給料が東電から今も支払われており、健康保険や年金の企業負担分を含めると、東電の人件費支出は年間で2~3億円となる。「議員活動は個人の問題」と東電広報部は説明するが、東電批判や脱原発を訴えた議員は皆無で、全員が、原発推進を掲げる東電労組系の政治団体から献金を受けている。税金のように徴収される電気料金を原資に、東電が東電のために“東電工作員”を組織的に地方議会へと送り込んでいる疑いが極めて濃厚となった。

◇ 東電社員議員20人全リスト
 現職社員であることを東電広報部が認めた地方議員は、次の20人である(カッコ内は直近の選挙時期)。

【東京】=4人
●安斉昭 杉並区議会議員=民主党・2期目(2011年4月) 
●相澤耕太 八王子市議会議員=民主党・2期目(2011年4月) 
●大石富巳夫 立川市議会議員=民主党・2期目(2010年6月)
●石黒達男 練馬区議会議=民主党・1期目(2011年4月)

【神奈川】=3人
●石渡由紀夫 横浜市議会議員=民主党・2期目(2011年4月)
●山田益男 川崎市議会議員=民主党・2期目(2011年4月)
●井原義雄 小田原市議会議員=無所属・4期目(2011年4月) 

【千葉】=2人
●天野行雄 千葉県議会議員=民主党・2期目(2011年4月)
●吉田峰行 市原市議会議員=無所属・1期目(2011年6月)

【埼玉】=2人
●矢島章好 春日部市議会議員=民主党・1期目(2010年4月)
●黒澤三千夫 熊谷市議会議員=民主党・2期目(2011年4月)

【茨城】=2人
●佐藤光雄 茨城県議会議員=民主党・2期目(2010年12月)※元水戸市議
●小室正己 水戸市議会議員=民主党・2期目(2011年5月)

【群馬】=2人
●角田修一 前橋市議会議員=無所属・1期目(2009年2月)
●山田光次 高山村村議会議員=無所属・5期目(2011年4月)

【福島】=2人
●高萩文孝 双葉町議会議員=無所属・2期目(2011年11月)
●加藤良一 大熊町議会議員=無所属・2期目(2011年11月)

【栃木】=1人
●駒場昭夫 宇都宮市議会議員=無所属・2期目(2011年7月)

【新潟】=1人
●相澤宗一 柏崎市議会議員=無所属・1期目(2011年4月)

【山梨】=1人
●卯月政人 大月市議会議員=無所属・1期目(2011年7月)

 このほか、現職東電社員として議員をやっているうちに会社のほうを定年退職し、現在は東電OBの議員というケースが2つある。

 【千葉】
●大沢久 船橋市議会議員=無所属・8期目(2011年4月)

 【静岡】
●鈴木秀郷 沼津市議会議員=無所属・7期目(2011年4月)

 上の社員議員らが東電から給料をもらっているか否か、あるいは休職中なのか、という点については、東電広報部は「プライバシー」にかかわるとして回答しなかった。政治家とカネの問題がなぜプライバシーなのかはわからない。

 安斉昭・杉並区議の件で問い合わせた際には、給料を支給している旨答えたのだが、その後は社員籍の有無以外はいっさい答えなくなってしまった。安斉氏のプライバシーが侵害されたとも思えないので、回答したくないための単なる口実にすぎないと筆者は考えている。

 このほか東電OBで茨城県那珂市議の間宮一氏がいる。現在はOB社員だが、過去に市議と現職社員を兼任した時期があったとも考えられる。東電は回答を拒んでおり、現在、本人に連絡をとっているところだ。

~~
[PR]
# by nakao312 | 2012-02-24 09:18 | Genpatsu&311

みえないばくだん


[PR]
# by nakao312 | 2012-02-23 21:11 | Genpatsu&311

葛飾区の公園でチェルノブイリ級最高レベル ホットスポットの衝撃

東京都はすぐに徹底調査と除染しろ!って言っても、結局は小合溜に流れ込むだけ。それは最終的に江戸川を通って東京湾に。

だいぶ前から分かってたこと。残念だけど、もう思い出の水元公園には子供を連れて行けない。。
[PR]
# by nakao312 | 2012-02-22 23:59 | Genpatsu&311

唯一の核被爆国が原発輸出大国になる怪。原発は“悪魔の連鎖ビジネス”と云う事実。

「世相を斬る、あいば達也」ブログの記事をコピペ。

~~
 屁理屈はどうであれ、日本に向けて大量無差別殺人爆弾(原爆)を、アメリカが不必要な戦況の中、投下した事実は明白だ。その悲惨な事実は、今歴史の中で消えようとしている。人間と云うものは忘れやすい動物である。忘れやすい動物ゆえに、学習効果が如実に現れない行動を平気でしてしまう。人間が不条理な生き物である所以だろう。

 しかし、科学的に同レベルの福島原発事故放射能被害・汚染と云う事実を目の当たりにしながら、野田首相は就任後まもなくの9月22日国連本部で「日本は原発の安全性を世界最高水準に高める」、「原子力利用を模索する国々の関心に応える」等々世界が腰を抜かすような発言を白昼堂々行った記憶も、その後のTPPや消費税増税等々の喧騒に埋もれ忘れかけていた。ところが、以下の朝日が報じる記事を読んで、“どういう事なのだ?”と云う疑念が強く感じられた。

 ≪ 米、原発建設34年ぶり認可へ 東芝傘下の新型炉採用
 米原子力規制委員会(NRC)は22日、東芝傘下の米ウェスチングハウスが開発した改良型加圧水型炉「AP1000」を、米国内で使用できる原子炉として認定した。これによりAP1000の採用が決まっている国内2カ所4基の原発の建設・運転の申請が年明けにも認可される見通しとなった。米国で原発建設が認可されれば、1978年以来34年ぶりとなる。
 米オバマ政権は東京電力福島第一原発事故後も、地球温暖化対策やエネルギーの安定供給のため原発推進を維持する方針を掲げている。
 同社によると、AP1000は緊急時に電源や作業員の操作なしでも自動的に原子炉の冷却が維持される仕組みという。2007年の申請以来、NRCの審査が続けられていた。福島原発事故で認定が遅れるとの見方もあったが、NRCはこの日、「航空機が衝突しても耐えうるような十分な安全性を持った設計であることが確認された」とするヤツコ委員長のコメントを発表。NRCの広報官は「AP1000の2カ所の新規申請について来年早々にも認可できる準備が整った」と述べた。
 建設・運転が認可される見通しなのは、ジョージア州のボーグル原発(3、4号機)とサウスカロライナ州のサマー原発(2、3号機)の計4基(いずれも 110万キロワット級)。いずれも08年に申請し、10年代後半の運転開始が目標。 ≫(朝日新聞)

 東芝がWHの株を買い増したと云う記事は目にしていたが、今さら東芝(7年ほど棲んでいた)も馬鹿じゃないの?と思っていたが、こう云うカラクリなのかと、先ずは愕然とした。茫然自失な体力なので、充分な分析は勘弁して貰うが、幾つか、この流れと同質の状況を拾っておこう。日立製作所が2020年の運転開始に向けてリトアニアで計画されている原発の建設受注に向け、仮合意を同国政府と締結したと発表した。日立の原発技術はGEだ。あの福島原発1号機だ。

 リトアニアですか~。そういえば既に現在進行形の原発輸出計画としてはベトナムは決定的。その他にヨルダンとトルコが控えているという。原爆投下で、最も明確な被害を受けた国家が、狭苦しい国土と断層に位置する地震頻発国土の上に、気がつくと54基も作られていたこと自体驚きなのだが、その原発の3基が爆発事故を起こし、政府の事故収束宣言に関わらず、いまだ核燃料が行き場を失いマグマの如く福島の大地を恫喝しているのが真実だろう。

 そんな状況である日本と云う国が、“安全な原発売りまっせ”と言うのだから、普通の神経の持ち主なら、そりゃないだろうと思う筈。しかし、野田民主党政権も、日本政府も、日本経団連も、おそらく労働者の味方・連合も、“TUNAMIがなければ大丈夫”をキャッチフレーズに原発を、民主党は新成長戦略の柱にしているのだから、怖ろしい「国民の生活が第一」な政党である。民主党の経済成長戦略が、増税による財政再建と原発輸出と云うのだから、筆者の頭が混乱しても不思議ではない。

 まぁ核技術のノウハウの殆どを支配したいアメリカの戦略の一環として、日本の官僚どもが決めている事なのだろうが、それを唯々諾々と受け入れ実行しようという民主党と云う政党は何なのだろう。たしかに、政策実現の為の財源捻出のテクニックや予算編成の知識がない鳩山・菅・野田にとって、財源については官僚お任せの立場であり、すべてを霞が関にコントロールされるのは当然の帰結なのだろう。小沢一郎と云う政治家だけを抑え込めば、後の政治家は自民党の政治家の半分の政権運営能力もない。小沢さえ潰せば、政権交代なんて平気の平左。これが、すべてだとも言える。そのクーデター計画が粛々と我々の目の前で行われているのだが、本当に気づいている国民がどれほど居るか、甚だ心もとない。

 原発ビジネスと云うもの、核反応の制御や後始末(廃炉、使用済み核燃料の行き場)が人智をもっても解決出来ない程永遠なビジネスであり、膨大なビジネスである事が、こう云う茶番劇のようなビジネスが尤もらしく国策として行われてしまうのだろう。そのビジネスの利権に群がる人々の数も周辺部まで含めると膨大であり、引くに引けない既成事実を積み上げ、悪魔のような連鎖的ニーズを産みだしている。

 原発ビジネスの規模は、大雑把にいうと1基(100万kW級)当たりの建設総コストは数千億、道路や送電線など周辺インフラ整備費用を含めると数兆円になるのだから、具体的経済成長戦略を持てない馬鹿な政治家や官僚にとっては、打ちでの小槌なのである。まして、その稼働運営検査コストもビジネスとして見込めるのだから“悪魔の連鎖ビジネス”と云う事になる。時には、福島原発事故のような問題が生じることで、ニュービジネスが生まれ、医学分野まで儲かる仕組みになってしまう。

 放射能廃棄物の処理もビジネスであり、使用済み核燃料の引き受け、及びその安全研究などもビジネスに結び付く。ただ、これらのビジネスの多くが米国のライセンスによって動いている巨大ビジネスなので、原発が開発され、稼働する度に米国にはライセンス料が自動的に振り込まれる仕組みである事も見逃せない。

 世界の原子炉メーカーは、スリーマイル島、チェルノブイリ事故を受け、急速にその勢いを失った。十数社あった原子炉メーカーは今や大きく4グループに絞れれている。驚くなかれ、日本の東芝・WH、日立GE、三菱・アレバとロシアのロスアトムだけになっている。つまり、原子炉の危険でリスキーな作業を受け持つ日本、そしてライセンス料を受け取る米仏と云う呆れた図式の中に日本のメーカーは組み込まれ、二進も三進も行かなくなっている。中曽根と読売の大罪である。菅・野田のような学級会政権では手も足も出ない。自民党政権も何も抵抗出来なかった。このような流れの中で、原発を導入した電力各社、国民を放射能塗れにしても、態度がデカイわけである。筆者も皆さまも、このような大局的原発事情を頭に入れて、原発ビジネスを見直す必要があるのだろう。
~~
[PR]
# by nakao312 | 2012-02-18 12:06 | Genpatsu&311

地球上で最も放射能が強い場所トップ10

10 Most Radioactive Places on Earth
[PR]
# by nakao312 | 2012-02-18 00:57 | Genpatsu&311

FreeWebSoftware

wordpressこれ利用した制作会社
これ使ってみるか。。
[PR]
# by nakao312 | 2012-02-16 12:23 | Blog/PC/fbTips

チェルノブイリ事故後の人口減

ウクライナとベラルーシの人口変動、激増する死亡と激減する出生

人口統計上の大惨事-チェルノブイリ事故の影響、特にセシウム137 ①、②、③。
[PR]
# by nakao312 | 2012-02-15 15:21 | Genpatsu&311

世界人口の推移

この急激な傾き。これ見ると人口減も寧ろ正しい方向なのか?と感じてしまう。
[PR]
# by nakao312 | 2012-02-09 22:53 | Study&Work

降水量と放射線量

空間放射線量率(高浜サイト:北)ここ2日間のグラフ が急上昇していた。降水量が高くなると増えるということは、普段それだけ空気中に排出しているということか。画像を記録しておこう。
b0056085_11185444.jpg
[PR]
# by nakao312 | 2012-01-08 11:19 | Genpatsu&311

IPアドレス/ドメイン検索

IPアドレス/ドメインからWebサイト情報検索
[PR]
# by nakao312 | 2012-01-07 20:44 | Blog/PC/fbTips

大飯原発で事故が起こったら

こんな状態↓になる、かも知れないそうです。
b0056085_19383235.jpg

出典:農都篠山、もし福井で原発事故が起これば、
[PR]
# by nakao312 | 2012-01-07 19:36 | Genpatsu&311

20の教訓

世界標準を見ろ、「ハーバード大学図書館、朝4時の風景」(フィクション) から。実際は韓国の自習室らしいが。


⒈今居眠りすれば、あなたは夢をみる。今学習すれば、あなたは夢が叶う。
Sleep now and a dream will come out; Study now and a dream will come true.

⒉あなたが無駄にした今日はどれだけの人が願っても叶わなかった未来である。
Today you wasted is tomorrow loser wanted.

⒊勉強に励む苦しさは今だけであり、勉強しなかった苦しさは一生続く。
The pain of study is temporary; the pain of not study is lifelong.

⒋明日やるのではなく今日やろう。
Better do it today than tomorrow.

⒌時間は絶えず去りつつある。
The earliest moment is when you think it's too late.

学習は時間がないからできないものではなく、努力が欠くからできないものである。
You never lack time to study; you just lack the efforts.

7.幸福には順位はないが、成功には順位がある。 
There might not be a ranking of happiness but there is surely a ranking of success.

8.学習は人生の全てではないが、人生の一部として続くものである。
Studying is just one little part of your life; loosing it leads to loosing the whole life.

9.学習する事が人生の全てとは言わないが、学習すらできぬものに何ができるのであろうか。
Studying is just one little part of your life, but what can you do if you can't even study?

10.人より早く起き、人より努力して、初めて成功の味を真に噛みしめる事ができる。
Waking up earlier and working out harder is the way to success.

11.怠惰な人が成功する事は決してない、真に成功を収める者は徹底した自己管理と忍耐力が必須である。
Nobody succeeds easily without complete self-control and strong perseverance.

12.時間が過ぎるのはとてもはやい。
Time passes by.

13.今の涎は将来の涙となる。
Today's slaver will drain into tomorrow's tear.

14.犬の様に学び、紳士の様に遊べ。 
Study like a Dog; Play like a gentleman.

15.今日歩けば、明日は走るしかない。
Stop walking today and you'll have to run tomorrow.

16.一番現実的な人は、自分の未来に投資する。 ‎
A true realist is one who invests in future.

17.教育の優劣が収入の優劣 ‎。
Education equals to income.

18.過ぎ去った今日は二度と帰ってこない。
‎Today never comes back.

19.今この瞬間も相手は読書をして力を身につけている。 ‎
Even at this very moment your competitors keep reading.

20.努力無しに結果無し。
No pain, No gain.
[PR]
# by nakao312 | 2012-01-06 11:55 | WisdomWords

Bach ~ Air


[PR]
# by nakao312 | 2012-01-03 00:15 | Music

海岸通


[PR]
# by nakao312 | 2011-12-28 22:14 | Music

原発マフィア、誕生の物語 鬼塚英昭

さてはてメモ帳Imagine & Think! を読んで購入を決定。
[PR]
# by nakao312 | 2011-12-26 00:00 | Genpatsu&311

I love you, baby ...

だからこそ避難せねば。。
[PR]
# by nakao312 | 2011-12-24 23:59 | Genpatsu&311

なぜイルミナティは人類抹殺を試みたのか・・・

背景が黒いと読み終わった後目がチカチカするので以下コピペ。

~~
アレックス氏によるアンドロメダ星人からのお話。

われわれの存在している銀河には創造主がいて、その存在はアンドロメダ星人も、またプレアデス星人もほかのどの種族もよくわかっていないそうで、クリエイターが宇宙を創造し、ワームフォールなどをつくっていたそうでそれを発見した種族が移動するようになったそうです。

フィラデルフィアの実験のときに次元に穴があき、別のタイムラインができてしまったそうで、そこから得たいの知れない存在とかが流れて入ってくるそうになったそうです。この穴について修復をする存在を外宇宙から探してきたそうです。

さて、地球人は2つの種によって創造されました。元々の創造主は人類を自分たちで進化し、かつ創造主の力をつかって自由に表現できるようにつくりました。

ところが地球にやってきたネガティブな生命体がやってきて、遺伝子を操作し、エイリアンを妄信して従うように奴隷の遺伝子を植え付けました。

地球に降り立ったネガティブなエイリアンたちはハイテクノロジーをもっていたので、自分たちそれぞれのグループを支配して資源をつくらせていました。もともとの人間は農業をするようにつくられているそうです。

ネガティブなエイリアンはナチスと取引して、マインドコントロールおよびハイテクノロジーなどを伝えて、地球の人間を植民地化してしまいました。そのために戦争がおこり、人類は苦難の道を歩んできました。

彼らはこれまでさまざまなありとあらゆる手段を講じて我々をたたきのめしてきました。経済危機、借金、薬、ワクチンなどによる支配にはじまり、今度は水と食料を握って、かつインフルエンザのワクチンによって遺伝子破壊し、我々に永久的にダメージを与えようとしています。

なぜここまでしなければならないのでしょうか?

しばらくその理由を考えてみてください。

彼らは恐れているのです。

人間の神からもらった創造エネルギーを。

私たちは無限の創造エネルギーをもっています。ネガティブなエイリアンは創造主の創造パワーをもった地球の人間を恐れているといいます。私たちの無限の可能性を知ってしまえば、もはや彼らの資源としてなりたたなくなるそうです。

なお、イルミナティの起源はアトランティスの神官だそうでネガティブな地球外生命体が起源だそうです。

☆☆☆

さて、アレックス氏の話によると、ネガティブな勢力を打ち負かしていくには、私たちの創造エネルギーをつかってホログラフィックな社会を構築していくことにあるそうです。

つまり、わかりやすくいえば、今の世の中を打ち壊していったいどんな世の中にしたいのか、そこに自分たちの生命エネルギーを投入していくのです。これはだめ、あれはだめとか、政府はだめ、マスコミはだめ、でなく、自立して自分の人生を自分の責任で構築していくことだそうです。

アンドロメダ星人は自己責任を養うことの重要性を何度も強調していたそうです。つまりこれまでは世の中に不満でつらい現実に逃避して、神や天使やガイドに助けを求めて、自分は何にもしないで彼らに何でもやってもらい、救ってください、助けてください、愛と光でということをたくさんやってきました。

しかし、そうすると自分の創造力は発揮されず、いる必要性がなくなります。何にもしなくて外側の世界が何かをしてくれて、自分たちには何の責任も行動力もないというのがこれまでの人類でしたが、新しい次元ではそれは通用しなくなり、自分が責任をもってどんな自分になりたいかをフォーカスしてそこにエネルギーを注いでいくというのが重要だそうです。

多くの人々がこの人類の困難な時期をエイリアンやガイドなどに依存して助けてくれると信じていますが、アンドロメダ星人はそれを絶対にしないそうです。自由意志と自由表現。

もし人類が救いを求めて祈れば地球外生命体はその創造エネルギーにひきよせられて、地球人の意識は強いので、ひきよせるそうです。そのため、もしわれわれが祈って助けを求めれば何らかの存在がひきよせられて出現します。

しかし惑星をつくるような高度な知的生命体はわれわれに決して干渉しません。その理由は、一度干渉したらずーっと次も次もときりがなくなるからです。

しかし、今回のようなアセンションは、(地球だけでなくアンドロメダ星人も他の惑星も生命体はすべてアセンションするそうです)かならず別の進んだ文明が助けてくれるそうです。そのため今世界中でコンタクトがおこなれているそうです。

これからはメンターリングが行われ、高度な文明になっていくときに、彼らから知恵を授かることになります。そのさいにもっとも重要なことについて、質問がおよんでいました。

アレックス氏は、アンドロメダ星人に、次のようなことをずっと教わったそうです。

私がいったい何になりたいのか。

いったいどういう人生を、なにを創造するのをもとめているのか。

もし自分の人生に不満があるのであれば、それは自分の責任である。なぜなら自分たちの人生は自分たちの意識がつくっているから。

だから、どういうものを創造したいのか、そこに意識を注ぐように励まされ続けたそうです。

どんな世の中にしたいのか。

どんな人と一緒にいたいのか。

どんな考えをもちたいのか。

どんな映画を見たいのか。どんな時間をすごしたいのか。

さまざまことに意識をむけて、それを作り出していくことで、創造のプロセスに入ります。

今後われわれの文明が変わり、フリーエネルギー(すでにある)を使ってさまざまなことができるようになります。そんなとき高度な知性をもった存在に知恵を教わるときでも、彼らは必ず自分たちの責任をもって、それを扱うようにと伝えてくるだろうということでした。

私たちの未来をどんなものにするのか。

それをアイディアを出し合って、グループで創造するのが一番いいそうです。なぜならグループの話し合いが進めば進むほど、エネルギーがあがり、パワーが得られます。

アンドロメダ星では、政府によって基本的な生活にかかる資源、食べ物、水、住む場所などはすべて無料だそうです。お金がないのです。

政府は生きるための楽しむための基本的はものをすべてサポートし、人々はみんながよりよくなるために、アイディアとスキルを磨いて、人のために自分の創造エネルギーを使って生きているそうです。すべての知恵がわかちあわれすべての人間が生きることを楽しんで、目的を果たすことができるそうです。

地球もそんな時代がくると思います。

またアンドロメダ星人は間違いを恥と思わないように強調したそうです。私たちは学びのプロセスにあり、あやまることがあたりまえです。そのことで自分を責めないで、恥と思わないで、失敗をおそれないでやることが重要だと伝えていました。

なんとなくここにきて、あたらしい文明の光が見えてきたように感じます。未来をどう描くのか考えるのが楽しみになってきました。

そのような時間をすごすことが、自分になるということなんだと思います。


応援よろしくおねがいします!
[PR]
# by nakao312 | 2011-12-16 23:23 | U.S.A.

お~瑠璃ね~む

ファイル名を撮影日付に一括変換できるソフトを探して、これをインストール。
[PR]
# by nakao312 | 2011-11-27 13:08 | Blog/PC/fbTips