<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

海岸通


[PR]
by nakao312 | 2011-12-28 22:14 | Music

原発マフィア、誕生の物語 鬼塚英昭

さてはてメモ帳Imagine & Think! を読んで購入を決定。
[PR]
by nakao312 | 2011-12-26 00:00 | Genpatsu&311

I love you, baby ...

だからこそ避難せねば。。
[PR]
by nakao312 | 2011-12-24 23:59 | Genpatsu&311

なぜイルミナティは人類抹殺を試みたのか・・・

背景が黒いと読み終わった後目がチカチカするので以下コピペ。

~~
アレックス氏によるアンドロメダ星人からのお話。

われわれの存在している銀河には創造主がいて、その存在はアンドロメダ星人も、またプレアデス星人もほかのどの種族もよくわかっていないそうで、クリエイターが宇宙を創造し、ワームフォールなどをつくっていたそうでそれを発見した種族が移動するようになったそうです。

フィラデルフィアの実験のときに次元に穴があき、別のタイムラインができてしまったそうで、そこから得たいの知れない存在とかが流れて入ってくるそうになったそうです。この穴について修復をする存在を外宇宙から探してきたそうです。

さて、地球人は2つの種によって創造されました。元々の創造主は人類を自分たちで進化し、かつ創造主の力をつかって自由に表現できるようにつくりました。

ところが地球にやってきたネガティブな生命体がやってきて、遺伝子を操作し、エイリアンを妄信して従うように奴隷の遺伝子を植え付けました。

地球に降り立ったネガティブなエイリアンたちはハイテクノロジーをもっていたので、自分たちそれぞれのグループを支配して資源をつくらせていました。もともとの人間は農業をするようにつくられているそうです。

ネガティブなエイリアンはナチスと取引して、マインドコントロールおよびハイテクノロジーなどを伝えて、地球の人間を植民地化してしまいました。そのために戦争がおこり、人類は苦難の道を歩んできました。

彼らはこれまでさまざまなありとあらゆる手段を講じて我々をたたきのめしてきました。経済危機、借金、薬、ワクチンなどによる支配にはじまり、今度は水と食料を握って、かつインフルエンザのワクチンによって遺伝子破壊し、我々に永久的にダメージを与えようとしています。

なぜここまでしなければならないのでしょうか?

しばらくその理由を考えてみてください。

彼らは恐れているのです。

人間の神からもらった創造エネルギーを。

私たちは無限の創造エネルギーをもっています。ネガティブなエイリアンは創造主の創造パワーをもった地球の人間を恐れているといいます。私たちの無限の可能性を知ってしまえば、もはや彼らの資源としてなりたたなくなるそうです。

なお、イルミナティの起源はアトランティスの神官だそうでネガティブな地球外生命体が起源だそうです。

☆☆☆

さて、アレックス氏の話によると、ネガティブな勢力を打ち負かしていくには、私たちの創造エネルギーをつかってホログラフィックな社会を構築していくことにあるそうです。

つまり、わかりやすくいえば、今の世の中を打ち壊していったいどんな世の中にしたいのか、そこに自分たちの生命エネルギーを投入していくのです。これはだめ、あれはだめとか、政府はだめ、マスコミはだめ、でなく、自立して自分の人生を自分の責任で構築していくことだそうです。

アンドロメダ星人は自己責任を養うことの重要性を何度も強調していたそうです。つまりこれまでは世の中に不満でつらい現実に逃避して、神や天使やガイドに助けを求めて、自分は何にもしないで彼らに何でもやってもらい、救ってください、助けてください、愛と光でということをたくさんやってきました。

しかし、そうすると自分の創造力は発揮されず、いる必要性がなくなります。何にもしなくて外側の世界が何かをしてくれて、自分たちには何の責任も行動力もないというのがこれまでの人類でしたが、新しい次元ではそれは通用しなくなり、自分が責任をもってどんな自分になりたいかをフォーカスしてそこにエネルギーを注いでいくというのが重要だそうです。

多くの人々がこの人類の困難な時期をエイリアンやガイドなどに依存して助けてくれると信じていますが、アンドロメダ星人はそれを絶対にしないそうです。自由意志と自由表現。

もし人類が救いを求めて祈れば地球外生命体はその創造エネルギーにひきよせられて、地球人の意識は強いので、ひきよせるそうです。そのため、もしわれわれが祈って助けを求めれば何らかの存在がひきよせられて出現します。

しかし惑星をつくるような高度な知的生命体はわれわれに決して干渉しません。その理由は、一度干渉したらずーっと次も次もときりがなくなるからです。

しかし、今回のようなアセンションは、(地球だけでなくアンドロメダ星人も他の惑星も生命体はすべてアセンションするそうです)かならず別の進んだ文明が助けてくれるそうです。そのため今世界中でコンタクトがおこなれているそうです。

これからはメンターリングが行われ、高度な文明になっていくときに、彼らから知恵を授かることになります。そのさいにもっとも重要なことについて、質問がおよんでいました。

アレックス氏は、アンドロメダ星人に、次のようなことをずっと教わったそうです。

私がいったい何になりたいのか。

いったいどういう人生を、なにを創造するのをもとめているのか。

もし自分の人生に不満があるのであれば、それは自分の責任である。なぜなら自分たちの人生は自分たちの意識がつくっているから。

だから、どういうものを創造したいのか、そこに意識を注ぐように励まされ続けたそうです。

どんな世の中にしたいのか。

どんな人と一緒にいたいのか。

どんな考えをもちたいのか。

どんな映画を見たいのか。どんな時間をすごしたいのか。

さまざまことに意識をむけて、それを作り出していくことで、創造のプロセスに入ります。

今後われわれの文明が変わり、フリーエネルギー(すでにある)を使ってさまざまなことができるようになります。そんなとき高度な知性をもった存在に知恵を教わるときでも、彼らは必ず自分たちの責任をもって、それを扱うようにと伝えてくるだろうということでした。

私たちの未来をどんなものにするのか。

それをアイディアを出し合って、グループで創造するのが一番いいそうです。なぜならグループの話し合いが進めば進むほど、エネルギーがあがり、パワーが得られます。

アンドロメダ星では、政府によって基本的な生活にかかる資源、食べ物、水、住む場所などはすべて無料だそうです。お金がないのです。

政府は生きるための楽しむための基本的はものをすべてサポートし、人々はみんながよりよくなるために、アイディアとスキルを磨いて、人のために自分の創造エネルギーを使って生きているそうです。すべての知恵がわかちあわれすべての人間が生きることを楽しんで、目的を果たすことができるそうです。

地球もそんな時代がくると思います。

またアンドロメダ星人は間違いを恥と思わないように強調したそうです。私たちは学びのプロセスにあり、あやまることがあたりまえです。そのことで自分を責めないで、恥と思わないで、失敗をおそれないでやることが重要だと伝えていました。

なんとなくここにきて、あたらしい文明の光が見えてきたように感じます。未来をどう描くのか考えるのが楽しみになってきました。

そのような時間をすごすことが、自分になるということなんだと思います。


応援よろしくおねがいします!
[PR]
by nakao312 | 2011-12-16 23:23 | U.S.A.