<   2007年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

松岡農水相自殺のニュース関係もろもろ

今日は色々なことがあった。。記事がデッドリンクになる前にコピって記録しておこう。


現職閣僚の自殺は初めてのことらしい。ご冥福をお祈りします。

~~
自殺した議員は5人目 閣僚は松岡農水相が初
5月28日14時55分配信 産経新聞

 戦後、現職閣僚が自殺を図った例はない。現職国会議員が自殺を図ったケースとしては平成17年8月に自民党の永岡洋治衆院議員が自殺して以来となる。 
 衆院事務局によると、記録が残っている限りで、自殺で亡くなった衆院議員は過去5人。昭和58年1月には、自民党の中川一郎元農水相が札幌市内のホテルで自殺。最近では自民党の新井将敬衆院議員が平成10年2月、衆院本会議で逮捕許諾請求が議決される直前に、港区内のホテルで自殺したケースがある。
~~


ネット上で色々な情報を見ていたら、なんと先々週も地元の関係者が自殺していたようだ。

~~
松岡農水相 地元の事務所関係者が首つり自殺
5月25日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 日経新聞の地元版が小さく報じたくらいだが、先週末、熊本で松岡利勝農水相(62)の事務所関係者が自殺した。捜査情報も飛び交う松岡周辺に何があったのか。
 18日午前、自宅で首をつっていたのは、熊本県阿蘇市で損保会社の代理店を経営していたU氏、62歳。
 松岡大臣とは学校の同級生だそうで、松岡事務所の名刺を持って阿蘇地区を回っていたという。
「だから、阿蘇の人たちは大臣の地元秘書と思っていました」(関係者)
 U氏は90年の総選挙で、松岡陣営の運動員として公選法違反で摘発されたこともある。
「今年1月28日に行われた阿蘇市議選に立候補しましたが、思うように松岡事務所の協力を得られず、小差の次点で落選しました。それを苦にしたんじゃないかという解説もありますが、4カ月も経っての自殺はおかしい。地元の人もクビをかしげています」(地元事情通)
 松岡大臣といえば、巨額の事務所費の使途不明ですっかり有名だが、それ以上に注目されているのが東京地検特捜部が手がける独立行政法人「緑資源機構」の談合事件。林野庁OBがウマイ汁を吸い合っていた事件だが、登場する企業、団体の多くが“林野行政のドン”である松岡大臣を応援し、さらに熊本の業者が絡んでいることから当然、東京地検も着目。
「検事2人が熊本に飛んだ」という情報が最近流れ、司法記者たちが色めいている。果たして、自殺したU氏もどこかで接点があったのかなかったのか。
 ナントカ還元水問題からダンマリを決め込む松岡大臣の事務所は、問い合わせに回答してこなかった。
~~


緑資源機構との関係で、興味深いブログ記事「かわいそうな役所・林野庁」も見かけた。

~~
 現在の報道をにぎわせている緑資源機構の談合問題は,林野庁の天下りOBが深く関わっているとされています。どの官庁であっても天下り先を確保して,業界との癒着関係を作ることが組織としての目標になってきたはずです。あうんの呼吸で行政指導することもそういった環境条件があったればこそです。一つだけやり玉に挙げられてしまう,霞ヶ関で最も損な役回りをさせられる役所こそ,林野庁ではないでしょうか。
 国家公務員の定員削減はいわゆる総定員法によって決められた路線です。しかし,中央官庁の公務員を減らさずに現業職の公務員を削減することで帳尻を合わせてきました。ターゲットになったのは国有林を管理する営林署職員です。発言力が弱く抵抗できない林野庁が真っ先に狙われたわけです。そして今回の談合事件もやり方が露骨でスマートでなかったことで目を付けられてしまいました。
 「あったま悪いなぁ」とか「要領悪いなぁ」と言うのは簡単なのですが,往々にしてこういった事件報道はもっとまずくて明るみに出るとヤバイ話を隠すことの目くらましに使われてしまいます。おそらく表面化した経緯を学習した他の官庁は証拠隠滅や口封じに走っていることでしょう。
 同じ独禁法違反でも,新聞の再販制度・特殊指定についてはマスコミはこぞって反対の論陣を張ります。現在のテレビキー局は新聞社の系列になっていますから,新聞の代弁をするほかありません。あるいは電通・博報堂・ADKによる広告独占の問題について,公正取引委員会が「広告業界の取引実態に関する調査報告書(2005/11)」で問題提起したことなどは,マスコミは完全無視を貫きました。メディアリテラシーを持たずに鵜呑みにしてしまうと,幼稚な正義感だけが振り回されることになると思います。
~~


そんなこんなで大変な中、なんと農水省職員が痴漢で逮捕されたニュースまで飛び込む始末。

~~
強制わいせつ:農水省の課長補佐、現行犯逮捕 警視庁
毎日新聞 2007年5月28日 12時59分

 電車内で女性の体を触ったとして、農林水産省食糧貿易課課長補佐、浦川政義容疑者(49)=千葉市美浜区=が強制わいせつ容疑で警視庁万世橋署に現行犯逮捕されていたことが分かった。帰宅途中で酒を飲んでおり「酔っていて覚えていない」と供述しているという。
 調べでは、浦川容疑者は26日午前0時ごろ、JR京浜東北線の東京-神田駅間で、乗客の会社員の女性(31)の胸を触った疑い。車内で女性に取り押さえられた。【吉井理記】
~~

しかし、こうも色々なことが同じタイミングに重なって起こるなんて、いやはや一体どうなってるんだろう。ネットでは大騒ぎだが、まだ何か続けて起こるのだろうか。。
[PR]
by nakao312 | 2007-05-28 21:13 | Etc.

i,ROBOT

TVで放送されていた「アイ,ロボット」を見た。

久しぶりに面白い洋画だったなぁ。
[PR]
by nakao312 | 2007-05-26 23:31 | Movie

新社会人の約9割はタバコ吸わない!

ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)が今春の新社会人を対象に実施した「喫煙に関する意識調査」の結果が次のように発表された。

●新社会人の88%が非喫煙者。喫煙しない理由は「体に悪い」が65.2%でトップ。

●喫煙サラリーマン・OLのイメージは「ストレスが多い・自分勝手・だらしない」。

●禁煙環境の整備された企業は好イメージ。


非常に良い傾向だなぁ。
[PR]
by nakao312 | 2007-05-24 23:59 | NoSmoke

足立区内ラーメン屋リスト

ある掲示板に便利そうなリストが出ていたので、コピっておこう。

~~
竹ノ塚:武藤製麺所、ましこ亭、梁山泊、メガ、濱田屋、善、銀次、然屋

西新井:椿、政宗、青木亭、かにの網元、西新井

大師前:○二、涌井、六紋亭、かどや

梅島:田中商店*、ふうりゅう、くっちゃいな*、颱(タイフーン) 、タカノ

五反野:せい家、小春、(くっちゃいな)

北千住:翔龍、子竜、青葉、空海、むつみ屋、始皇帝、ゆうらいく、万祝錦、中川千寿、味楽、鍵屋、イブクロミチル、我流、なにわ、はたの、菊や、鳥骨鶏らーめん龍、パーク

牛田/関谷:日の出屋

千住大橋:醤太

綾瀬:中吉、大五郎、太閤、香味亭、大勝軒、やじろべー

北綾瀬:武蔵家、波(シー)、ちゃーしゅー屋、市地、加多瀬、日月飯店

六町:(田中商店:移転後)、壱蔵、太陽軒、開々亭

舎人:剣軒

谷在家:もりや

上沼田東公園:かっぱ、沙門

扇大橋北:参珍
[PR]
by nakao312 | 2007-05-20 22:21 | Noodle

加多瀬

前々から気になっていた店「加多瀬」に一人で行ってきた。

「TV東京で紹介された!頑固オヤジの店」みたいな内容の看板を以前から見かけていたので、いつか行ってみたいと思っていたのだが、店内に入ってみると、なんとお好み焼き屋を兼ねていることが分かった。
ラーメンの方は、「醤油・塩・味噌」の3種類とつけ麺が壁のメニューに書かれているだけで写真とかなかったのだが、味噌ラーメン(650円)を選んだ。

結構うまかったので、また今度の木曜日にでも行ってみようかな。
[PR]
by nakao312 | 2007-05-20 22:17 | Noodle

sent from W-ZERO3 を消去

es からメールした時、勝手に付いてくる「sent from W-ZERO3」という署名を消した。




[PR]
by nakao312 | 2007-05-18 23:17 | Y!mobile

反撃

ウィルコマーな我が家には直接あまり関係はないが、帰宅途中の駅で面白い広告が目に留まった。

★さて、そろそろ反撃してもいいですか?

その時は企業名まで見えなかったのだが、帰宅してググってみると想像通りドキュモだった。それにしても、余裕かましたキャッチコピーだなぁ。まぁ、確かに今まで王者の貫禄で他キャリアの様子を窺ってたって感じだけど。。

そんな風に感じていたところ、大前研一ニュースの視点というメルマガで、この広告をボロクソ非難していた。競合反発(Conpetitive Retaliation)といって、非常に好ましくないマーケティング戦略らしい。

この広告は「DoCoMo 2.0」というキャンペーンの一環らしいが、これを平仮名で読み直して漢字変換すると、なんと「ドコモに移転ゼロ」となるらしい。ナンバーポータビリティで苦戦している状況に対する自虐的なキャッチコピーなのだろうか。。
[PR]
by nakao312 | 2007-05-17 21:32 | Y!mobile

niftyの謎

なぜニフティをプロバイダーとして使っている人のメールアドレスには“@nifty.com”と“@nifty.ne.jp”があるのだろうか?

ずっと以前から気になっていたのだが、色々と検索した結果やっと分かった
どうやら1999年に旧インフォウェブと合併した旧ニフティサーブ時代からの利用者が“@nifty.ne.jp”を継続しているようだ。
[PR]
by nakao312 | 2007-05-09 00:27 | Blog/PC/fbTips