カテゴリ:Blog/PC/fbTips( 75 )

スクリプト化されたウィンドウの実行

IEをVersion7にしてから、URLリンク時に頻出する「スクリプト化されたウィンドウを一時的に許可するには・・・」というメッセージ。毎回クリックしてたのだが、面倒くささに耐えかねて、とうとう調べてみることにした。

やはり、同じ悩みを持った人がいた。

で、ベクターに紹介されていた↓の記事を参考にして設定したところ、非常に快適になった。

~~
InternetExplorerの「ツール」→「インターネットオプション」→「セキュリティ」タブで設定できます。

● ダウンロード時の情報バー表示を停止する
→ 「レベルのカスタマイズ」を開き、「ダウンロード」の「ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示」を「有効にする」をチェックしてください。

● ベクターを信頼済みサイトに追加する
→ 「信頼済みサイト」をクリックして「サイト」を開き、“*.vector.co.jp/”と入力して「追加」してください。
→ 「このゾーンのサイトにはすべてサーバーの…」のチェックは外してください。
~~
[PR]
by nakao312 | 2007-10-30 00:56 | Blog/PC/fbTips

NTT東日本エリア内の線路距離長

このサイトで実際の距離と伝送損失が分かる。我が家は2350mかぁ。ADSLを50MBに変えるには微妙な距離だろうか。。
[PR]
by nakao312 | 2007-10-29 23:59 | Blog/PC/fbTips

Outlook2003送受信メールの保存先フォルダ指定

OutlookExpressを使っていた時から、メール履歴は案件ごとフォルダへ送受信分ともに集約していたのだが、Outlook2003に変えてから次のような設定をすると非常に 便利であることを発見した。

●ツール
 ↓
●オプション
 ↓
●メールオプション
 ↓
●メールの詳細オプション
 ↓
●メッセージの保存から「受信トレイ以外のフォルダでは返信/転送メッセージを元のメッセージと同じフォルダに保存する」部分にチェックマークを入れる

デフォルトでは以上の設定部分が未チェック状態なのだが、これをしておくと非常に便利だ。受信フォルダに入ったメールを最初に各案件フォルダへ移動しておいて、そこから返信すると、そのまま同じフォルダへ入ってくる。もっと早く気付いていれば、複数の仕事を同時平行で進めている職場でのメール管理が凄く楽になったのに。

今回この設定は自宅PCをExpressから2003へ変更して、色々といじってた時たまたま何かの拍子でチェックしたものだが、その後また職場で同じにしようとしたら中々どこだか探しにくく、しばらく悩んでいた。ググって探しても見つからなくて、今日やっと何とか辿り着いた。

以上、また忘れたときのためにメモっておこう。
[PR]
by nakao312 | 2007-10-02 01:39 | Blog/PC/fbTips

Outlook2003の閲覧ウィンドウで

メールを読んだとき「開封済み」にする方法を見つけるのに少し手間取ってしまった。
デフォルトでは開封済みにならないので、次回また探すのに苦労しないようメモっておこう。

●ツール

●オプション

●その他

●閲覧ウィンドウ

●一つ目のチェックマークを選択
[PR]
by nakao312 | 2007-09-18 23:30 | Blog/PC/fbTips

OutlookExpress→Outlookへのコンバート

アドエスをPCとActiveSyncで接続するために、メーラーをアウトルックに変更する必要が生じたため、過去メールを全て移行したが、いつも職場PCで悩んだ現象が再発した。
同一フォルダに入ってる過去メールが多いと、ある時点を境に送受信のタイムスタンプが現在の時間になってしまうのだ。

既に解決するための手法は発見していた筈なのだが、しばらくぶりだったので思い出すまでに一苦労した。今後そのように悩まないように備忘録として書き留めておこう。

●Outlookの2003とExpressを同時に起動する

●Expressの方でファイル→エクスポート→メールをクリック
[PR]
by nakao312 | 2007-09-17 23:59 | Blog/PC/fbTips

Accessデザインビューでのグラフ表示

いつもグラフ作成にはエクセルを利用していたが、只今なんとかアクセスのレポート機能でダイレクトに作れないか試行中。デザインビューで表示されるデータシートがデフォルトの「東京・名古屋・大阪→1月・2月・3月・4月」の状態から変更されず、非常に苦戦していたのだが、ググってみたらMSオンラインサポートに解決法が出ていた

~~
 概要
この資料は、[デザイン ビュー] でレポートを開いた際のグラフ表示について説明します。

 現象
[デザイン ビュー] でフォームを開いた場合、表示されるグラフデータを実際のデータに変更するためには、一旦 [フォーム ビュー] に切り替えて、再度 [デザイン ビュー] に切り替えることで [フォーム ビュー] で表示したグラフデータを正しく表示することができます。
しかし、[デザイン ビュー] でレポートを開いた場合、[レイアウト プレビュー]、[印刷プレビュー] に切り替えてもプレビューで表示されたグラフデータが正しく表示されません。

 状況
この現象は Access の仕様に基づく動作となります。

 詳細
Access のレポートに挿入したグラフは静的オブジェクトのため、[デザイン ビュー] で開いた際、グラフに作成した実際のデータが反映されずに表示されます。
レポート上のグラフに、プレビューのデータを反映させるためには、レポートに対して変更を認識させる必要があります。
以下の手順を実施して、レポートに対する変更を認識させて、プレビューで表示されたグラフのデータを反映するようにしてください。

 手順
1. グラフを挿入しているレポートをデザイン ビューで開きます。
2. レポートのデザインに変更を加えます。
3. [レポート デザイン] ツール バーの [印刷プレビュー] をクリックし、レポートを印刷プレビューで表示します。
4. [ファイル] メニューをクリックし、[閉じる] をクリックします。
5. "レポートの変更を保存しますか?" のメッセージで、[キャンセル] をクリックします。
6. [印刷プレビュー] ツール バーの [閉じる] をクリックし、レポートをデザイン ビューで表示します。

 結果
グラフ上のデータが、作成した実際のデータで表示されています。

 補足
グラフの元になるテーブルのデータを更新した場合も、レポートの [デザイン ビュー] では更新したデータがグラフに反映されません。
レポートの [デザイン ビュー] に更新したデータを反映するには、上記同様の手順を行う必要があります。
~~

ということのようだ。
まだまだ奥が深くてアクセスの機能は活用しきれていないなぁ。
[PR]
by nakao312 | 2007-06-11 00:13 | Blog/PC/fbTips

IE7の文字サイズを簡単に変更する

おー!正に目から鱗!!

Webブラウズ中に文字サイズを変更するのに、いつもは何段階かのコマンドから入っていってたのだが、あるサイトを見ていて、こんなに簡単な方法を発見した。

これは超々々々便利!
[PR]
by nakao312 | 2007-06-07 02:40 | Blog/PC/fbTips

niftyの謎

なぜニフティをプロバイダーとして使っている人のメールアドレスには“@nifty.com”と“@nifty.ne.jp”があるのだろうか?

ずっと以前から気になっていたのだが、色々と検索した結果やっと分かった
どうやら1999年に旧インフォウェブと合併した旧ニフティサーブ時代からの利用者が“@nifty.ne.jp”を継続しているようだ。
[PR]
by nakao312 | 2007-05-09 00:27 | Blog/PC/fbTips

ワードのアンカーマーク

写真を何枚か貼り付けて、サイズ変更したりすると勝手に何かと連動して変に動いてしまい困っていたが、今日その解決方法が分かった。忘れないようにコピっておこう。

~~
こちらワード2002で見ています。
アンカーはテキストボックスだけでなく、他のオートシェイプ、挿入された図などにあります。アンカーはオートシェイプや図を段落に固定する機能があり、固定しますと、その段落が上下に動くときに一緒に動くことになります。逆に段落が動かなければ、図も動きません。アンカーを固定した段落とオートシェイプや図がかなり離れていても、機能は同じです。

アンカーの固定は、オートシェイプや図を選択し、メニューバーの『書式』→『オートシェイプ』や『テキストボックス』または『図』で書式設定のダイアログボックスを出し、その中の『レイアウト』タブの「詳細設定」ボタンをクリックし、『配置』タブの「アンカーを段落に固定する」にチェックを入れます。アンカーはドラッグで動きますので、固定したい段落まで持っていってください。

段落に固定する方法ではなくて、文字列の動きに関係なく、配置したところが動いて欲しくない場合は、先ほどの『配置』タブの中の「文字列と一緒に移動する」からチェックを外します。
~~
[PR]
by nakao312 | 2007-01-30 23:21 | Blog/PC/fbTips

ナチュラルインプット

職場のPCではATOKを使っていたのだが、オフィス各ソフトとの相性が非常に悪く苦労していた。ワードでは入力した文字が変換キーを押すまで表示されなかったり、アクセスではウィンドウ閉じるボタンを押しても数秒も無反応だったりと、毎日がストレスを感じていた。

だが、日本語入力をMS-IMEにすると、ワード起動後ナチュラルインプット方式が勝手に採用されてしまい、[無変換]キーに[改行]機能を割り当てる等のカスタマイズが全く効かなくなり、これにも困らされていた。

ずっとあきらめていたのだが、今日その解決法が分かったので忘れないようコピっておこう。

~~
▼操作手順:詳細なテキストサービスを使用しない

日本語入力がOnの状態で[Ctrl]キー+[F10]キーを押す
 ↓
表示された日本語IMEのショートカットメニューから[プロパティ]を選択
 ↓
[Microsoft IME スタンダードのプロパティ]ダイアログ-[互換性]タブをクリック
 ↓
[詳細なテキストサービスを使用しない]オプションをOnにする
 ↓
[Microsoft IME スタンダードのプロパティ]ダイアログ-[OK]ボタンをクリック
 ↓
コンピュータの再起動を求めるメッセージが表示されるので再起動する

~~
[PR]
by nakao312 | 2007-01-23 23:23 | Blog/PC/fbTips