「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Biz( 28 )

TPPで日本・韓国その他の国を押しつぶすことができる←米国大使館公電をウィキリークスが暴露

本日の日本農業新聞より。

~~
ニュージーランド外交貿易省のマーク・シンクレアTPP首席交渉官は「TPPが将来のアジア太平洋の通商統合に向けた基盤である。もし、当初のTPP交渉8カ国でゴールド・スタンダード(絶対標準)に合意できれば、日本、韓国その他の国を押しつぶすことができる。それが長期的な目標だ」と語った。(米国大使館公電から)

環太平洋経済連携協定(TPP)交渉でニュージーランドと米国は、農地への投資制度や食品の安全性などの規制や基準を統一した「絶対標準」を定め、受け入れ国を広げることで経済自由化を進めようとしている――。TPP交渉を主導する両国のこうした狙いが、在ニュージーランド米国大使館の秘密公電に記載されていた両国政府の交渉当局者の会話から浮かび上がった。ニュージーランドの交渉当局者は「絶対標準」を受け入れさせる国として日本と韓国を名指ししている。これは国内の規制や基準の緩和・撤廃につながり農業だけでなく国民生活の多くに影響を与える可能性がある。公電は、内部告発ウェブサイト「ウィキリークス」が公表。ニュージーランドの当局者らへの取材と合わせて分析した結果を報告する。

囲み記事は2010年2月19日、ニュージーランドのシンクレアTPP首席交渉官が、米国務省のフランキー・リード国務副次官補(東アジア・太平洋担当)に語った内容だ。シンクレア氏は、TPPの目標が農産物などの市場開放だけではなく、アジアなどで推進する米国型の経済の自由化が両国の長期的利益につながると強調した。

公電は、ニュージーランドのウェリントン市内で行われた両者の会談の概要を、当地の米国大使館がまとめた。「秘密」扱いだ。外交を担当する国務省だけでなく、農務省や通商代表部などにも送るよう記述してある。

日本農業新聞の取材に応じたシンクレア氏は、公電にある自分の発言に対する真偽については確認を拒んだ。しかし、TPP交渉では投資や金融、知的所有権など幅広い分野が対象になり、中国を含めたアジア太平洋州で経済の自由化を進めることが交渉の目的であると強調。実質的に公電の内容に沿った発言だ。

公電によると、シンクレア氏が強調したのは、日本と韓国などに「絶対標準」を受け入れさせることの重要性だ。農地や農業関連分野への投資が米国などに比べて難しいとされるアジア市場で、TPPをてこにして、自由貿易圏を広げていくことが長期的な目標だと明言。米国と同一歩調を取る考えを明らかにした。

両国の交渉当局者が、国の違いを超え通商や経済の自由化の障害となる規制や基準を緩和・撤廃させるための仕組みづくりを話し合っていたことがうかがえる。


〈ことば〉ウィキリークス
政府や企業などの情報を内部告発で入手し、ウェブサイトで公表する組織。オーストラリアの元ハッカー、ジュリアン・アサンジ氏が06年に立ち上げた。これまでイラク戦争の秘密情報などを暴露。米政府などは情報が関係者を危険に陥れる可能性があるとして批判している。米国大使館の公文書も米政府内の情報提供者から入手し、文書数は25万点に上る。その一部を、ウィキリークス関係者が日本農業新聞に提供した。


・TPPの問題点 ニュージーランド・オークランド大学法学部のジェーン・ケルシー教授に聞く

 ニュージーランド・オークランド大学法学部のジェーン・ケルシー教授に、環太平洋経済連携協定(TPP)の問題点などを聞いた。

 ―――TPP交渉での農産物の市場開放についてどう考えますか。

 ニュージーランドの農業にとって最大の関心事は米国市場の開放だが、米国は自分のセンシティブなマーケット(重要品目の市場)を守ってきた。実際、米国とオーストラリアとの自由貿易協定(FTA)交渉は砂糖、牛肉、乳製品の市場開放を制限して決着した。米国は常にテーブルの上から乳製品を取り除くように努力しており、今回のTPP交渉でも同じだ。

 ―――TPPで何が一番問題ですか。

 TPP交渉の重要な特徴の一つが、「規制の調和」。基準や規制を国際的に統一していこうというものだ。米国が熱心に進めようとしている。衛生基準や知的所有権などが 対象になる。中国を含めたアジア全体のルールを、米国主導で決めていこうという狙いがある。

 ―――ニュージーランドの乳業団体などは何を求めようとしているのでしょうか。

 米国市場の開放は期待できないが、投資の面で規制が緩和されれば利点は大きい。例えばベトナムの農協の酪農事業に出資するとか、チリやペルーでの農地取得を進めやすくなるといったことが想定される。

 ―――ニュージーランドにとってどのような不利益が予測されますか。

 まず、比較的安価な医薬品を供給している医薬品政策への悪影響だ。医薬品管理庁が買い入れて安く供給する仕組みがあるが、公的機関が購入することに国際医薬品企業は批判的な態度を続けてきた。米国はTPPで必ずこの制度の撤廃を要求してくるだろう。

 薬の価格を市場原理に任せようという主張であり、日本の公的な健康保険制度が攻撃される可能性もある。米国の要求が通れば貧しい人たちへの打撃となるだろう。

 ニュージーランドは民営化と規制緩和の失敗という負の財産を抱えている。多くの銀行が規制緩和の中で外資の支配下に入り、小さな町、田舎の銀行店舗が廃止された。

 投資分野も問題が大きい。米国の企業が内国民待遇(進出先の国の企業と同じ権利を保障されること)を得れば、外国でも直接その国の政府を訴えることができるようになる。

~~
[PR]
by nakao312 | 2011-05-19 23:59 | Biz

民法627条(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)

第1項 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

第2項 期間によって報酬を定めた場合には、解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。

第3項 六箇月以上の期間によって報酬を定めた場合には、前項の解約の申入れは、三箇月前にしなければならない。
[PR]
by nakao312 | 2011-03-19 20:32 | Biz

サラリーマンの平均給与データ

1997年467万円
1998年465万円
1999年461万円
2000年461万円
2001年454万円
2002年448万円
2003年444万円
2004年439万円
2005年437万円
2006年435万円

ロシア政治経済ジャーナルNo.696から。
[PR]
by nakao312 | 2010-12-08 23:59 | Biz

論文共有サイト

世の中、便利になったもんだ。
その名も 「happycampus.jp」

たまには学生の頃を思い出して、色んな分野の論文に目を通してみるのもいいもんだ。
[PR]
by nakao312 | 2006-04-04 23:32 | Biz

仕事力とは

【能力】×【考え方】×【性格】 だそうだ。

確かに性格の悪い奴とは一緒に仕事したい気分にはならないよなぁ。
常に心していかねば。。
[PR]
by nakao312 | 2006-02-17 01:23 | Biz

情報を捨てる技術

メルマガ「自己改革のための一日一分」Vol.0363およびVol.0364より。

~~
●寿命の極端に短い情報は捨てる
週刊誌・ワイドショーなどの情報は、使うことができる期間が非常に短いので深入りしないことです。どうせ吸収するなら、一生使える情報を吸収しましょう。定評のある本、古典などはこれに当たります。

●くり返し登場する情報は捨てる
頻繁に出てくる情報は、今、無理に吸収する必要はありません。使う時に吸収しましょう。

●発信者が理解していない情報は捨てる
「自分ではわかっている」というレベルと、「他人に上手に説明できる」というレベルでは必要とされる理解度が遙かに違います。他人に上手に説明できる人の情報を選んで吸収した方が効率的です。

●手に負えない情報は捨てる
「今の自分にはレベルが高すぎる」という情報は捨てましょう。時間が無駄です。自分のレベルが十分に上がって理解 できるようになるまで手をつけるべきではありません。
自分に理解できる他の情報を探して吸収しましょう。

●リズムが合わない情報を捨てる
「読みにくいな」と感じる本は、無理に読もうとしないことです。本には思考のリズムがあります。自分の思考にリズムが合う本を探しましょう。

●迷ったら捨てる
読むかどうか、メモをするかどうか、情報の選択に迷ったら捨てましょう。所詮迷う程度の情報だからです。「これは!」と思う本や情報を選びましょう。「これは!」と思う本や情報に出会うように努力しましょう。

●ネットの情報
目的を持ってからネットにつなぎましょう。だらだら無目的にリンクをたどるのは時間の無駄です。ネットの時間を10分くらいで意識的に区切りましょう。

●出力は最高の捨て方
入力した情報は、メモ、手紙、論文、本などにして出力しましょう。出力したら安心して資料を捨てます。メモ、手紙、論文、本にする、他の人に話すという行為により、情報を自分の血肉にすることができます。
~~

確かに、紙の情報はどこかに保管しておいたとしても、大概リファレンス性の欠如から必要時にアクセスすることができず、結局は目に触れず終いになってしまうことがほとんどだ。
メルマガで読んだ内容をブログに記録しているのも、ほとんどメモ代わりの行為ではあるが、アップした後は心置きなく受信ボックスから削除できるし、また他の人にも見てもらえるようになるので、一石二鳥だと思う。もちろん検索性も抜群だ。
やはり、必要な時いかにして即座に情報へ到達できるかが最も重要だろう。
[PR]
by nakao312 | 2005-11-07 07:15 | Biz

他人に伝授する

日本一の大金持ちの教え第334回から。

~~
あなたが今までやってきたことで、「この方法で成功したよ」というものを、自分の部下や後輩に伝授するんです。「そんなことをしたら、下の人間に追い抜かれてしまう」などと心配する必要はありません。
(中略)
与えたら、その与えたものが、あとで返ってきます。

(『ツイてる!』(角川書店)より)
───────────────────────────────
斎藤一人さんは、「与えたら、その与えたものが、あとで返ってくる」とおっしゃっています。ですから、自分の持っている成功ノウハウを他人に教えてあげることで、より大きな成功を手に入れることができるようになるそうです。
確かに、フランチャイズ制にしても、著作の印税収入にしても、ノウハウを公開することで成功の輪が広がっていきますよね。
自分で考えたことを他の人にも伝授すると言う心の豊かさが成功に結びつくようです。
「与えたものが返ってくる」という言葉を頭の片隅に入れておきたいものですね。


Q. 斎藤一人さんはその人が持っている「いいもの」をどうやって見つけているのでしょうか。
A.『どんなことで怒られたことがあるか』です。得意なことよりも欠点にその人の長所が隠されていることが多いそうです。
~~
[PR]
by nakao312 | 2005-11-06 15:53 | Biz

目標設定

メルマガ「発想源」より。

~~
少し高めで、少し過酷は目標は、後には当然であり大したことのない目標になる。
「これが限界かも」というところから、もう一つ背伸びをした目標。
それが後々の成長に必ず寄与することになる。

~~

目指せ!一つ上の自分を!!
[PR]
by nakao312 | 2005-10-31 23:59 | Biz

第1~4象限

メルマガ「女の行動力をプロデュースする!」第018号より。

~~
何かをはじめようか、何かをやめようか、悩む時って結構あるよね。運動とかダイエットとか、習い事とか仕事とか。
私も以前は判断基準があやふやだったせいで、いろんなことでよく悩みました。
こういう時はただ漠然と考えていても、考えは堂々巡りでなかなかこれといった答えはでないもの。そうしているうちに考え疲れて、“もうどうでもいいや”なんてこともありました。
せっかく考えるチャンスがあっても、これじゃぁもったいない。ということで、すごくいい方法を編み出しました。
それが、利益と不利益を書き出してみるという方法です。とっても簡単なんですが、行動した場合としない場合の利益と不利益を紙に書くだけ。
つまり、何かをはじめようかどうしようか悩んでいるなら、はじめた時に得すること、損することを書く。はじめなかった時に得すること、損することを書く。
感情的なことでも、金銭的なことでも、その結果手に入れられるだろうと思うことでも何でもOK。
紙に並べて書いてみるだけ。簡単なのに効果大! ぱっと見て、自分がどちらを選びたいのか一目瞭然となります。
日常のちょっとした決断でも、こうやって意識してみると、とてもスムーズに、はっきりした意思を持って決断できるようになりますよ。

★今日のステップ

紙の真ん中に十字に線を引いて、紙を4つに分ける。それぞれのスペースを、この4つの項目にして思いつくことを書き込む。

「行動する利益」「行動しない利益」
『行動する不利益』『行動しない不利益』

書き込む内容は、感情的なことでも感覚的なことでも実際に得られる利益でもなんでもOK。
たとえば、楽しい、うれしい、きれいになる、ストレスがたまる、友達が減る、増える、○円儲かる、なんかよさそう、前向きになる、等々。
ほらね、もう、どっちにするか決定できたでしょ?
~~
[PR]
by nakao312 | 2005-10-26 23:59 | Biz

昇給のデメリット

メルマガ「幸せなサラリーマン・・・」より。

~~
昇給だけに目を奪われると、人生が楽しくなくなる。ここで、私が考える「昇給のデメリット」を、3つ挙げてみます。
1.安易に生活レベルを上げてしまう
2.自分の市場価値を見誤る
3.会社から逃れられなくなる
(中略)
「会社における昇給」は、必ずしも「自分の市場価値のアップ」とは関係がない。たとえば、会社の業績がよくなって原資が増えれば、それに比例して給料やボーナスも増える。
しかし「会社の業績が上がった原因」が「リストラによる経費削減」だったとしたら、それは「社員個人の努力」と、どう関係するのでしょうか? 「仕事を頑張ったから昇給した」と言い切れるのか?
自分が今期、努力したか? していないか? は、本人が一番よく分かっているはずです。もし「がんばってないけど給料増えた。ラッキー」と思っているとしたら、その人はすでに自分の市場価値を見誤っています。
~~
[PR]
by nakao312 | 2005-10-24 23:59 | Biz