9(nine) WS009KE

もうすぐAH-J3003Sを使い始めてから1年
毎日の通勤時にメルマガを読むのには小さくて軽くて非常に気に入って使っているのだが、10ヵ月の縛りも解け最近やたらと気なっているのが、更に軽くて薄いKESの9(nine)

KESと言えば思い出すのは、まだ神田通信工業株式会社だった頃あれは確か1986年前後だったと思うが、実家に若い工事屋さんが電話の売り込みに来ていたことがあった。まだ当時は黒電話を使っていたのだが、何やら高いシステムへの入れ替えを勧めに来ていて、鹿児島だか何処かから東京に出てきたばかりの若い作業服姿の工事屋さん(兼営業マン)の話にのせられた両親が、その人を夕食中の我が家の中まで連れ込んで一緒に鍋まで食べさせてた。そこへ帰宅した俺(まだ高校生だった)が、よくよく話を聞くと不必要に機能の多い高価なシステムだったので、その話を断ったことがあった。
なんか、その若い兄ヤンには悪いことをしたなと思ったが、いずれにしても「昔から電電公社に黒電話を納入している会社」であることばかりをアピールしていて、素人目から見ても商売下手だった印象を受けた。まぁ遥か昔の話ではあるが、そんな会社が再起してPHS事業にまで進出してきたかと思うと感慨深いものがある。社史を見る限り、やはり苦労したんだなぁという感じだ

まぁ、そんな昔話はともかく、今この機種に関して色々とリサーチ中で機種変データベースなんか毎日チェックしているだが、ブロガーさん達の記事でも非常に参考となりそうな内容があったので、後程じっくり研究するためにリンクしておこう。

w-zero3日和さん

com★togetherさん
[PR]
by nakao312 | 2007-02-06 00:55 | Y!mobile


<< GIPSY KINGS 中条高徳の言葉 >>