Mr.板垣英憲、BJチョコラム、2ちゃんねる

昨日エントリーした記事で引用させてもらったMr.板垣英憲から早速TB&コメントをいただいた。
氏の新たな記事「日本は地政学上米英とのシーパワー連合を組んでも中国朝鮮に深く関わるべきではない」を読んでみた。中央大学法学部→海上自衛隊幹部候補生学校→毎日新聞社:社会部・政治部・経済部での記者を経て→独立という氏の経歴、特に自衛隊学校という部分から由来するであろうと思われる独特の視点は、さすが非常に切れ味が鋭い。

確かに、WorldWarⅡ時のtheAxis(枢軸国)サイド=敗戦国である日本が、今この期に及んでUnitedNations(連合国)サイド=戦勝国である常任理事国の仲間入りをしようとして無理をする必要性は、一体どこの誰が本当に強く感じているのだろうか。
この手の議論に関しては、ブログで自由に交わされる情報の方が真実を捉えているように感じられる。

似た論調は、私が愛読しているメールマガジンBJチョコラムから発行された昨日の記事「北朝鮮が核実験をする可能性が高まっている。」でも見受けられた。このような良識ある主張がメルマガやブログの世界では目に付く。掲示板サイト2chでは非常に右翼的で扇動的な書き込みが目立つのだが、利用者層が違うのだろうか。単に私の主観で取捨選択した記事を拾い読みしているだけかも知れないが。
[PR]
by nakao312 | 2005-05-08 00:47 | U.S.A.


<< 20対80の法則(別名パレート... ユダヤ民族と改憲論議の関係!? >>